So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
KAWADAブログへようこそ!お問合せはメール又はお電話052-903-8439にてお気軽にお尋ねください!
2018年10月| 2018年11月 |- ブログトップ

梨肌フロントバンパー再製|プジョー205カブリオレ(E-20DFC) [バンパー修理(修正)・加工]

これは、プジョー205カブリオレ(E-20DFC)のフロントバンパーです。



プジョー205カブリオレ(フロントバンパー修理) (1).jpg



ぶつけられて、フロントバンパーに亀裂が入っています。

このバンパーを再製させていただきました。



このフロントバンパーは、梨肌と言って表面がザラザラしています。
(樹脂成型そのままで表面に塗装等の処理がされていません)



プジョー205カブリオレ(フロントバンパー修理) (6).JPG



そこで、バンパーを外し亀裂を補修した後、
この樹脂肌(いわゆる梨肌)再現した後にマットブラックを塗装させていただきました。



プジョー205カブリオレ(フロントバンパー修理) (9).JPG



梨肌の表情は写真ではわかりにくいかもしれませんが、
ザラザラした感じが再現できています。



バンパー補修・修理はお気軽にお問い合わせください。
0120-142857





nice!(2) 
共通テーマ:自動車

左アクセル装置取付(オルガン式)|シエンタ(NSP170G) [福祉介護装置取付・改造]


シエンタ(NSP170G)に左アクセル装置取付(オルガン式)のご依頼で入庫がありました。




左アクセル装置取付・シエンタ(NSP170G) (5).JPG


左アクセル装置取付・シエンタ(NSP170G) (4).JPG



↑↑↑これが取付前の状態です。



左アクセル装置取付・シエンタ(NSP170G) (1).JPG



↓↓↓取り付けをするとこのような状態になります。



左アクセル装置取付・シエンタ(NSP170G) (3).JPG



左アクセル装置取付・シエンタ(NSP170G) (2).JPG



↑↑↑の写真はたたんだ状態になります。


使用する場合には、アクセルの前に補強パネルがでてアクセルを間違えて踏み込めなくなっています。


そしてブレーキの左側にアクセルが出てきます。


たたんだ状態だと健常者の方も運転する事が出来ます。


足踏み駐車ブレーキ(サイドブレーキ)は左アクセルとの間隔が狭く危険なため、

切断して手押しレバーに変更しました。


なので足元にはサイドブレーキはありません。


左アクセル装置について詳しくは
お気軽にお問い合わせください。
052-903-8439


nice!(2) 
共通テーマ:自動車

新車のアンダーフロアーを錆から守ります(アンダーフロアーコーティング)|アルトワークス(HA36S) [下回り防錆塗装(アンダーフロアーコーティング)]

アルトワークス(HA36S)が鳥取県から陸送で、


下回り防錆塗装(アンダーフロアーコーティグ)で入庫しました。



下回り防錆塗装・アルト(HA36S) (1).JPG



マスキング養成処理をし塗装をします。



下回り防錆塗装・アルト(HA36S) (2).JPG



下回り防錆塗装・アルト(HA36S) (3).JPG



ライトで照らしながら塗装漏れがないかもチェックします。



下回り防錆塗装・アルト(HA36S) (4).JPG



浸透性防錆材も注入したら完成です。

(マフラーには耐熱防錆シルバーを塗装しました)



アルトワークス(下回り防錆塗装・HA36S) (1).JPG


アルトワークス(下回り防錆塗装・HA36S) (15).JPG



塗装色は、半透明と黒があり、今回は黒での塗装です。
新車・中古車(錆がある状態)問わず防錆塗装は可能です!!
下回り防錆塗装お気軽にお問合せください。
052-903-8439
 

【塩害対策補足】

地域によっては、冬になると道路の凍結が始まります。これを防ぐため「「融雪剤(塩カル)」を道路にまいて雪や氷を溶かしスリップ事故の防止につなげています。


ただ、この融雪剤(塩カル)は、車両の金属を腐食させてしまうというデメリットもあります。車体は、ガラスコーティングで保護したり、汚れたりしたら洗車することで対策出来ますが、サスペンション等の下回りは、いつの間にか気づいたら錆びていて、車検や点検の際に指摘されることがほとんどです。


そこで当社では、大切な愛車を塩害から長期的に守ることを目的に下回り防錆塗装(アンダーフロアーコーティング)を提案しています。新車購入時に!下回りの錆対策に!ぜひご検討ください。



nice!(2) 
共通テーマ:自動車

2018年10月|2018年11月 |- ブログトップ
<ブログ提供先>
株式会社川田自動車 鈑金塗装センター
〒462-0011愛知県名古屋市北区五反田町226
フリーダイヤル 0120-142857
tel:052-903-8439
fax:052-903-8438
URL http://www.g-kawada.com
E-mail information@g-kawada.com
くるま大好き修理スタッフのBLOGはこちらから
こだわりを応援する鈑金ペイントスタッフのブログ
ブログに記載されている写真などの無断複製・無断転載を禁じます。
Copyright 2011 -KAWADA GROUP- All rights reserved.